What's New

14

現在発売中の「可変ハイフラキャンセラー HFAR-002」に「可変ハイフラキャンセラー ハーフタイプ HFAR-002h」が追加になりました。

こちらは、前後何れか一方に純正LEDウインカーが採用されている車種において、電球が使用されている側をLEDバルブに変更した際に発生するハイフラ現象を解消する商品になります。

従来機同様「ハザード時電力カット機能」を搭載しており、ハザード動作させる際にレギュレーターは一切発熱しませんので、長時間のハザード動作時も発熱を気にせずご使用頂けます。

大変お待たせ致しました。
品切れ中だった「可変ハイフラキャンセラー[HFAR-002]」について在庫補充が完了しました。

尚、今回販売品より下記内容にて仕様が変更されています。
1.配線接続パーツの変更
   従来のエレクトロタップ(簡易タイプ)から高接点タイプへ変更になりました。
2.制御プログラムの変更
   当キャンセラーと組み合わせて使用する一部メーカー製LEDバルブについて、当キャンセラーの制御と干渉し正常にご使用頂けなかったケースがあったため、制御内容を若干変更しました。
  ※従来品と比較し相性問題については改善しましたが、今後発売されるLEDバルブも含め全てのLEDバルブでの動作を保証するものではありませんので予めご了承下さい。

 

 

また、同商品については発売時より操作性の向上や耐久性向上のための高品質パーツへの変更、取り付けの簡素化など度重なるマイナーチェンジを行ってきましたが、販売価格についてはこれまで据え置きしておりました。
ですが、個々の制作部品については値上がりが続いており、大量仕入れによるコスト削減が限界となったため、やむを得ず価格改定させて頂く運びとなりました。(各タイプとも300円の値上げになります。)

ご理解のほどよろしくお願い致します。

以前より複数のお客様よりご要望を頂いていた、爆光LEDバルブの夜間減光点灯が可能な商品「減光ユニット 信号入力時減光タイプ ウインカー用[IKGU-003W]」が発売になりました。

本商品を左右ウインカーに取り付ける事で、日中の視認性はそのまま夜間走行時にポジションなどに連動し設定した明るさに減光点灯させる事が可能になるため、他のドライバーへ「明る過ぎ」による迷惑を掛けずに済みます。
※こちらの商品は1台で左右ウインカーの減光照度をまとめて調整可能です。


現在販売中の「シーケンシャル点灯ユニット(2〜16ブロック対応) [IKMBR-116A]」に新タイプ「シーケンシャル点灯ユニット(2〜16ブロック対応)※大容量対応タイプ [IKMBR-116AP]」が追加になりました。

こちらのユニットは1ブロックあたりの許容電流が1Aになるため、パワーLEDも余裕で制御可能な他、非常に低発熱のため安心してご使用頂けます。

現在販売中の「シーケンシャル点灯ユニット(2〜8ブロック対応)[IKMBR-18A]」に新タイプ「シーケンシャル点灯ユニット(2〜8ブロック対応)※大容量対応タイプ[IKMBR-18AP]」が追加になりました。

こちらのユニットは1ブロックあたりの許容電流が1Aになるため、パワーLEDも余裕で制御可能な他、非常に低発熱のため安心してご使用頂けます。